2017/03/20

【キャリアチェンジ犬】盲導犬にならなかった候補犬

 





盲導犬候補の犬が訓連を受けて盲導犬になるのは全体の3割です。

 

じゃあ残りの7割の犬たちはどうなるの?どこに行くの?まさか保健所?

 

いえいえ保健所行きなんてありえません。

 

盲導犬にならなかった犬のことをキャリアチェンジ犬と呼びます。

 

キャリアチェンジ犬のほとんどがペット犬として家庭に引き取られます。中には適性があれば訓練を受けて介助犬や災害救助犬になる犬もいます。

 

キャリアチェンジ犬をペットとして引き取りたいときは、キャリアチェンジ犬引き取りボランティアとして登録します。詳しくはこちらを参考になさって下さい。

 

自分は犬が飼いたくてパピーウォーカーというボランティアをやり始めました。1歳まで育てた仔犬が盲導犬にならなかったあとのことが、とても心配でした。もし引き取る人がいなかったら(パピーウォーカーは引き取れない)どうなるのか?職員さんに尋ねました。

 

「引き取り手は必ずあります。今まで路頭に迷わした犬はいません」という答えをもらいました。キャリアチェンジ犬引き取りボランティアの登録数は、ならなかった7割のいわば受け皿です。

 




キャリアチェンジ犬を引き取る条件

  • 室内飼育が可能
  • 大型犬の飼育が認められている住居
  • 責任をもって終生世話をする。

他にも協会によって条件はありますが、上記のことは必須です。

 

 




【盲導犬サポートSHOP】収益金の10%が盲導犬育成事業のサポートに役立てられます。皆様の温かい応援をお願いしています。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です