【闘病の備忘録】病理組織診断の結果

3月25日前後の記録。術後の経過は問題なく、ご飯もしっかり食べて、お散歩も喜んで行く。抗生剤、止血剤、炎症止めのお薬を服用。病理解剖の結果が出た。

 

切除した部分の組織からは、異型、多属性増殖や壊死巣の形成などの所見が観察され、乳管内進展による大小の増殖巣を形成。と専門用語が並んだ診断書。結果は悪性。乳腺腫瘍でした。

 

これまた専門用語でマージンは確保され、標本上では脈管侵襲像は観察されません。要するにとった細胞は癌細胞だけど、まわりは大丈夫です、転移は見られないってことらしい。

 

中悪性度の乳管内乳頭状腺癌と診断されることから、転移や再発には注意が必要。

 

悪い方の想像が現実になった。

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA