【やーちゃんの備忘録】はじめてのパピーウォーカー

やーちゃんとの暮らしを、記憶をたどりながら振り返ります。

はじめてのパピーウォーカー

2014年10月某日 快晴

千早赤阪村にむけて出発した。

車を走らせながら、車中で私と娘のドキドキとワクワクが外にもれそうだ。

今日はパピーウォーカー委託式。

盲導犬育成ボランティアのひとつ、仔犬を預かり飼育するパピーウォーカーがはじめて仔犬と対面する日。

事前にわかってるのは、我が家に来るのは生後50日イエローのラブラドールの女の子。

「どんな仔?早く会いたい」

午前10時前訓練所に到着。

1時間弱くらい事前の説明会のあと、いよいよパピー(仔犬)とご対面。扉の外から「クウンクウン」って声が聞こえる。

キターーーッ!

男の仔3頭、女の仔2頭の5頭兄弟姉妹。

「可愛い」以外の言葉が出ない(笑)

1頭づつそれぞれのパピーウォーカーに委託され、はじめて抱っこ。

4300グラム、お、おもたい

 

 

そしてママも登場

ありがとう、こんな可愛い仔達を生んでくれて。

 

 

今日から約10ヶ月のパピーウォーキングがはじまる。

 

帰りの車のなかで、家に着くまでの1時間半ずーっと鳴き続ける仔犬(不安いっぱい)そりゃそうだよね、さっきまでママと兄弟姉妹といっしょにいたのに、知らない人間、知らない車。不安だよね。

毎日楽しく暮らせるように頑張りますんで、今は存分に鳴いていてちょうだい(ほんとは人間も泣きそう)

自宅に着きさっそくケージをセットして、入れてあげたら電池が切れたように爆睡。ご飯も食べず夜の10時まで寝ましたとさ。

 

この日は朝から気持ちのいい秋晴れで、金木犀が満開だった。あの日のドキドキと金木犀の香りを生涯忘れることはないだろう。

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA